日本の水で多い軟水

日本の水で多い軟水

日本の水で多い軟水

日本は地形的に硬水と呼ばれる水よりも軟水の水が多いと言われていますが、軟水というのは水に含まれているミネラル分が少ない水のことを言い、名前の通りミネラルが少ないので水が軟らかい特徴があります。

 

日本に軟水が多いのは山から海までの距離が短いことが理由としてあり、雨が降って山の上の方で溜まった水が流れ出る時に海までの距離が短いことによって十分にミネラル分を水が供給することができないので軟水になります。

 

ウォーターサーバーで人気のあるバナジウム天然水についてもミネラルウォーターではあるものの、硬度については低いので軟水になっています。

 

軟水のメリットは日本人の体に適しているという点で、飲み口が良くてさまざまな料理に合っているのでウォーターサーバーで導入する水についても軟水の人気は高くなっています。

 

バナジウム天然水に限らず、日本のミネラルウォーターの多くは軟水ですが、地域によっては中硬水や硬水の水もあるので一概には言えないところもあります。

 

これからウォーターサーバーの導入を検討している場合に目的は人によってそれぞれだと思いますが、単にきれいな水を飲用したいという理由や料理に使いたいという場合はピュアウォーターや硬度の低いミネラルウォーターをおすすめします。

 

また、水の硬度についてはそれぞれン水宅配業者のホームページにも掲載されているので、導入をする場合は事前に水の硬度をきちんと調べておくようにしましょう。


 

関連ページ

外国の水で多い硬水
外国の水で多い硬水についてご紹介いたします。硬水は大陸に多い水です。大陸の水は、長い距離をかけて海に行きます。それまでにたくさんのミネラルを含みますので、硬度が高くなります。日本人はあまり飲み慣れていないので、飲みにくい水かもしれません。
健康や美容の面でも効果が期待されるバナジウム水
健康や美容の面でも効果が期待されるバナジウム水について書いていきます。バナジウム水はバナジウムが入った天然水の事を指します。まだまだ未知の部分が多いのですが、今後、いろいろな効果が期待されるお水です。現在では、ウォーターサーバーで比較的安く導入できますので、サーバー導入時には検討してみるとよいでしょう。
注目を浴びている水素水
注目を浴びている水素水についてご紹介していきます。水素水は活性水素と呼ばれる成分が入っています。様々な効果が期待されている水素水ですが、不安定な成分のため、水素水を作った直後に飲まなくては意味がありません。現在はウォーターサーバーに水素水の装置をつけることもできるそうです。
ウォーターサーバーの水で多いピュアウォーター
ウォーターサーバーの水で多いピュアウォーターについてご紹介していきます。バナジウム天然水も安いものが出てきましたが、もっと安いものを求めるのなら、ピュアウォーターというものがあります。こちらは、水道水などをろ過させたお水です。ミネラル分はありませんが、代表的なウォーターサーバーが取り入れているお水です。
ミネラル豊富な海洋深層水
ミネラル豊富な海洋深層水についてご紹介いたします。まず、海洋深層水は深い海の底から水をくみ上げていますので、価格が高いのが特徴ですが、ミネラルは豊富に入っているお水です。ウォーターサーバーで海洋深層水を取り扱っている所は、まだまだ少ないですが数社存在しています。